ブログ|調布駅前で小児歯科・歯医者をお探しの方は三笠こども歯科医院まで

時間 日・祝
9:30-13:00
14:30-19:00
★土曜日午後の診療は14:00~18:30となります。
休診日:木曜・日曜・祝日
ヨクハ ニコニコ 042-498-2525

〒182-0024 東京都調布市布田1-35-3 ダイモンビル1階

アクセス お問い合わせ ブログ

24時間
web予約
  • 電話
  • メニュー

「寝る前の歯磨き」がむし歯予防に効果的!

2021年12月16日 カテゴリ:むし歯 予防歯科

こんにちは。
 
調布、布田、国領で歯医者をお探しの皆さん、「三笠こども歯科医院」です。
 
 
お子さまに、「寝る前にしっかり歯磨きしなさいね」と声をかけることがありますよね。
 
でも、なぜ寝る前の歯磨きが大切なのか、正直よく知らないという方も多いのではないでしょうか。
 
ここでは、寝る前の歯磨きがむし歯予防に効果的な理由や、歯磨きの効果を高める方法について解説します。
 
 

寝ている時は唾液の量が減る!

唾液には、お口の中の細菌を流す自浄作用の働きがあるため、唾液の量が増えるほど、お口の中はむし歯を予防しやすい環境になります。
 
例えば、食事の時にあまり噛まない方がむし歯になりやすいのは、唾液の量が少ないのが理由です。
 
そして、唾液の量が最も少なくなるのが寝ている時
 
つまり、寝ている時は唾液の量が減りますから、細菌が繁殖してお口の中がむし歯になりやすい環境になるのです。
 
そのため、寝る前の段階でお口の中を清潔にしておく必要があり、寝る前の歯磨きはむし歯予防において、とくに効果的なタイミングと言えます。
 
 

歯磨きの効果を高める方法とは?

歯磨きの効果を高めるには、磨き残しを減らすことがポイントです。
 
とはいえ、歯ブラシで磨ける場所には限界があります。例えば、歯と歯の間に歯ブラシを通すことは不可能ですよね。
 
そこで、歯ブラシに加え、デンタルフロスや歯間ブラシを使ってみてください。磨き残しを劇的に減らせます。
 
デンタルフロスは歯と歯の間、歯間ブラシは歯と歯ぐきの間を磨くことができ、いずれも歯ブラシで磨きにくい場所までキレイにすることができます。
 
これは数値でも示されており、歯ブラシだけの歯磨きの場合、歯垢の除去率は歯と歯ぐきの間で6割程度とされています。
 
しかし、デンタルフロスや歯間ブラシを使うことで、歯垢の除去率を8割程度まで高めることができるのです。
 
 
小児歯科では、お子さまのむし歯を治すだけでなく、予防するための治療も行っています。
 
フッ素塗布で歯を丈夫にできますし、正しい歯の磨き方・仕上げ磨きのやり方もご指導いたしますので、歯磨きの技術を高めることもできます。
 
三笠こども歯科医院の小児歯科では、日本小児歯科学会認定・小児歯科専門医がお子さまの治療を担当いたします。
 
初めて歯科医院に行くお子さまも、安心して「歯医者デビュー」をお任せください。
 
 

 
ページトップへ