ブログ|調布駅前で小児歯科・歯医者をお探しの方は三笠こども歯科医院まで

時間 日・祝
9:30-13:00
14:30-19:00
★土曜日午後の診療は14:00~18:30となります。
休診日:木曜・日曜・祝日
ヨクハ ニコニコ 042-498-2525

〒182-0024 東京都調布市布田1-35-3 ダイモンビル1階

アクセス お問い合わせ ブログ

24時間
web予約
  • 電話
  • メニュー

子どもの歯ぎしりが気になる。止めさせた方がいい?

2022年6月2日 カテゴリ:口腔外科 小児歯科

こんにちは。
 
調布、布田、国領で歯医者をお探しの皆さん「三笠こども歯科医院」です。
 
 
「歯が生え始めたばかりのこどもが歯ぎしりをしている」
 
「こどもの歯ぎしり、いつになったらおさまるの?」
 
お子さまの歯ぎしりに関するご相談は、とても多いです。
 
小さなこどもの歯ぎしりは、成長の過程でおきていて、時期がくれば自然とおさまることが多いのですが、なかには治療が必要なケースもあります。
 
 

歯ぎしりは放置しないでください

歯ぎしりは、特定の歯に体重の倍以上の強い力がかかり、歯や歯の周りの組織にダメージを与えます。
 
日常的に歯ぎしりをしていると、歯が欠けたり、詰め物や被せ物が破損したりすることがあります。
 
歯並びが乱れ、顎関節症になる可能性が高く、肩こりや頭痛などの全身の健康状態にも悪い影響をもたらす危険なものです。
 
大人の歯ぎしりは、不安やストレスなどの精神的な要因で起こることが多いと言われていますが、原因は特定されていません。
 
アルコールやニコチンの摂りすぎが原因となっている可能性もありますので、摂取量に気をつけ、生活リズムを整えましょう。
 
睡眠中など無意識のうちにしていることが多いので、ご家族からの指摘や、朝起きた時のお口の違和感で歯ぎしりをしているかもと思われた方は、歯科を受診することをおすすめします。
 
 

生え変わり前のこどもの歯ぎしり

永久歯に生え変わるまでのこどもがする歯ぎしりは、大人の歯ぎしりとは異なるケースがあります。
 
こどもの歯ぎしりは、乳歯が生え始めたころから始まります。
 
生え始めの時期は、歯が生える時のかゆみの解消や、歯や顎を使う練習といった目的で歯ぎしりをするのです。
 
歯が生え揃っていない状態では、噛み合わせがうまくできないために、歯ぎしりをしながら歯や顎を動かし、しっかりと噛めるポジションを見つけるといった目的もあります。
 
このように、発育に合わせて歯ぎしりが行われているため、成長の証とも言われています。
 
 

お子さまの歯ぎしりに気付いたら……

お子さまが歯ぎしりをしている間は、よく観察しましょう。
 
痛みを伴っている時や、歯が欠けている時はすぐに歯科を受診してください。
 
永久歯が生え揃っても歯ぎしりが続いている場合は、噛み合わせに問題があることが考えられます。
 
放置しているとどんどん歯並びが乱れますので、歯並びを整える治療をはじめましょう。
 
お子さまも大人と同じようにストレスで歯ぎしりをしている可能性もありますので、よく話を聞いて、リラックスできる環境を整えてあげてください。
 
 
一人ひとりの成長段階に合わせた対策をご提案するためにも、歯が生え始めたら定期健診を受けはじめましょう。
 
「歯ぎしりくらい……」と思わずに、三笠こども歯科医院までご相談ください。

 
ページトップへ